【TP-Link】Archer C6をメインルーターとして使う【PPPoE接続】

 
 Cisco AnyConnectによるVPN接続トラブル対応のため、WiFiアクセスポイント用にAmazonで購入したWiFiルーター(TP-Link Archer C6)を急遽、自宅ネットワークのメインルーターとして使用する必要に迫られました。詳しくは、以下の記事をご覧ください。
【VPN接続】Cisco AnyConnectが再接続を繰り返す【SoftBank 光】
Cisco AnyConnectでVPN接続した際、認証・接続は成功するのですが、その後、切断と再接続(Reconnecting)を数秒間隔でに繰り返し続けるという現象が発生しました。 この現象の原因および対策方法について説明します。
 
 
 自宅のインターネット回線は「SoftBank 光」を契約しているのですが、本来であれば、SoftBankよりレンタルしている「光BBユニット」に、ルータ機能、および無線LAN機能が備わっているため、別途、WiFiルーターを用意する必要はないのですが、光 BBユニットの無線LAN機能はネット上での評判がどうもよくありません。

 そのため別途、無線LAN強化の目的のためだけに、このWiFiルーターをインターネット回線を変更する前に購入していました。購入時価格は3,450円と比較的安価なWiFiルーターですが、自宅ネットワークにおいては必要十分な機能を備えたコスパのよい製品だと思います。

 

2. 自宅ネットワークの構成

 以下の画像のように、Archer C6は壁掛けで使用しています。アンテナが4本あり、また接続しているWiFi端末の方向へ電波を集中するという「ビームフォーミング」対応ということもあって、接続が途切れるようなことはなく、問題なくWiFi端末を使用することが出来ています。


 Archer C6をメインルータとして使用するために、自宅のネットワークを構成する機器どうしの接続は、以下のようにしてあります。なお、Archer C6をアクセスポイントモードで使用する場合、①②の接続方法は同じで③のLANケーブルは光 BBユニットの青色のLANポートに接続することになります。
 
 
①NTTより貸与されたONU(光回線終端装置)光 BBユニットの灰色のWANポートとをLANケーブルで接続
光 BBユニットの青色のLANポートとArcher C6の青色のWANポートとをLANケーブルで接続
Archer C6のオレンジ色のLANポートと各スイッチングハブとをLANケーブルで接続

 ちなみに、①②のLANケーブルはカテゴリー6a③にはカテゴリー6のLANケーブルを使用しています。光 BBユニットとArcher C6に付属するLANケーブルは、どちらもカテゴリー5eでしたので、そのまま使用してもよかったのですが、①②には、より高性能なLANケーブルにしてあります(速度差はほとんどなく、気持ちの問題だと思いますが・・・)。



 

3. Archer C6の基本設定

 Archer C6をPPPoE接続により、メインルーターとして使用するための基本設定を以下に示します。

 Archer C6の設定は、設定画面より行います。ブラウザから「http://tplinkwifi.net」にアクセスすると設定画面が開きますので、パスワードを入力してログインします。

 
 
 設定する項目は、以下の4項目です。

(1)動作モードの設定
(2)インターネット接続タイプの設定
(3)ルーターのローカルIPアドレス設定
(4)DHCPサーバーの設定

(1)動作モードの設定

 「詳細設定」-「動作モード」で、「ルーター」を選択します。
 

(2)インターネット接続タイプの設定

 「詳細設定」-「ネットワーク」ー「インターネット」で、以下の設定を行います。

①インターネット接続タイプに、「PPPoE」を選択
②ユーザー名に、プロバイダから支給されるユーザー名(SoftBank 光であれば認証ID[S-ID])を設定
③パスワード(SoftBank 光であれば認証パスワード)を設定

 
 

(3)ルーターのローカルIPアドレス設定

 「詳細設定」-「ネットワーク」ー「LAN」で、本ルーターのローカルIPアドレスサブネットマスクを設定します。

 
 

(4)DHCPサーバーの設定

 「詳細設定」-「ネットワーク」ー「DHCPサーバー」で、DHCPで割り当てられるローカルIPアドレスの範囲と、デフォルトゲートウェイプライマリ・セカンダリDNSを設定します。

 

4. Archer C6の拡張設定

 Archer C6に搭載されている拡張機能を使用するための拡張設定を以下に示します。製品購入時のファームウェアでは表示されない項目がありますので、最新のファームウェアにアップデートして使用されることをおすすめします。

 設定する項目は、以下の3項目です。

(1)IPv6設定
(2)スマートコネクトの設定
(3)TxBF,MU-MIMOの設定

(1)IPv6設定

 「詳細設定」-「IPv6」で、「IPv6」を有効化し、インターネット接続タイプに「パススルー(ブリッジ)」を選択します。

 この設定により、IPv6通信ができるようになります。


 

(2)スマートコネクトの設定

 「詳細設定」-「ワイヤレス」ー「ワイヤレス設定」で、「スマートコネクト」を有効化します。

 この設定により、憶測に基づいてワイヤレス機器を利用可能な帯域に振り分けるというスマートコネクト機能が有効化されます。詳細は、以下をご覧ください。

スマート コネクトの仕組み
 

(3)TxBF,MU-MIMOの設定

 「詳細設定」-「ワイヤレス」ー「TxBF,MU-MIMO」で、「TxBF,MU-MIMO」を有効化します。

 この設定により、TxBF(送信ビームフォーミング)、およびワイヤレス機器同時接続時の遅延抑止に効果的なMU-MIMOが有効化されます。詳細は、以下をご覧ください。

MU-MIMO
 
 
 

5. 接続機器の確認

 自宅ネットワーク内でLAN接続されている機器の一覧を管理画面から確認することができます。
 

(1)有線クライアントの確認

 「基本」-「ネットワークマップ」で、「有線クライアント」を選択すると、有線機器の一覧を確認できます。

 

(2)ワイヤレスクライアントの確認

 「基本」-「ネットワークマップ」で、「ワイヤレスクライアント」を選択すると、ワイヤレス機器の一覧を確認できます。
 
 

6. まとめ

 単に、無線LAN強化の目的で購入したTP-Link Archer C6ですが、急遽メインルーターとして働いてもらうことになってしまいました。安価なWiFiルーターですが、自分のネットワーク環境においては、必要十分な性能を有しており、インターネット回線変更前に購入しておいて正解だったと思います。

 テレワークのためVPN接続を切り離せないため、しばらくはこのネットワーク構成としますが、いずれはルーター機能を光 BBユニットに移して、負荷分散させたいと思っています。自分はテレワークには向いていないと思っているので、新型コロナウィルスの脅威が終息に向かい、テレワークも終わってくれることを切に願っています。

 

おわり

 

  
  
  
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました