【りゅうこつ座α星】カノープス【南極老人星,寿星】

・カノープスを探す

 以下の画像にカノープス(りゅうこつ座α星)が写っています。

どこにあるかわかるでしょうか。
 
南の水平線すれすれに赤っぽく見える星がカノープスです。
 

・カノープスってどんな星?

 カノープスは、上の画像にも写っているおおいぬ座のシリウスに次いで、全天で2番目に明るい恒星(太陽除く)なのですが、そんなふうには見えませんね。距離は地球から309光年ほど離れています。

 カノープスの絶対等級は、-5.63等級と、実際はシリウスの250倍もの光度があります。本来であれば、青白色に輝く恒星で、南半球では明るく輝いて見える星なのですが、関東では水平線(地平線)近く2度程度の高さにしか上らないため、大気の影響で減光して赤っぽく見えてしまいます。

 そのため、南の方向に障害物があったりすると見ることができないため、見つけるのが困難な星とされています。

 

・縁起のいい星

 カノープスは、中国では南の地平線すれすれに現れる奇妙な赤い星であり、めったに見ることができないことから、縁起のいい星とされており「南極老人星寿星」と呼ばれたりします。

 関東からカノープスを見ることはなかなか難しいかもしれませんが、冬の季節に南の水平線(地平線)近くで、赤っぽい星を探してみてください。この星を見たものは長寿になるという縁起のいい星ですから。

 
 

・カノープスを撮影した場所

 神奈川県湯河原町にある「星ヶ山公園、さつきの郷」内にある以下の展望広場にて撮影しました。撮影日時は、年の暮れの12/29の午前0時頃で、極寒の中での撮影でした。
 

 写真を見てておわかりのように、南の方角は水平線で、カノープスを観測することが出来ます。島々の明かりがすこし気になるところですが、肉眼でも確認出来ます。

 昼間は、相模湾を一望でき、房総半島や、伊豆諸島を見渡せる眺めのいい場所ですので、カノープスの観測も兼ねて、行かれてみるのもよろしいかと思います。

 
 
 

おわり
 
 
  
  
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました