【原因はマザーボード?】突然PCの電源が入らなくなった 【ASRock B450 Pro4】

 ある日突然、PCの電源スイッチを押しても電源が入らなくなってしまいました。これは、電源コードの接触不良か何かだと思い、電源コードを確認し、コードの抜き差しなども試してみましたが、改善することはありませんでした。
 
 
 電源が入らなくなったPC(自作PC6号機)は、2年前(2019年)の7月に組み上げたPCであり、組み上げてから、その日まで、なんのトラブルも無く動作し続けていたのですが、たった2年でどうして、こんなことに。
 自作PC6号機のスペックなど詳細は、以下の記事をご覧ください。
 
 原因の調査を行う前に、まずは内部にたまった2年分の埃や汚れを取り除くために念入りに掃除をしました。内部にはさほど埃はたまっていなかったのですが、下部にある電源吸気口の防塵ネットにはべったりと埃が付いており、空気の通りが悪くなっていることが明らかでした。このことがPC故障の原因につながることもあるようなので、今後はPCに付着した埃は、定期的に取り除くようにしようと、自分に言い聞かせたのでした。(笑)
 
 

 

 ひととおり掃除を終えて、再度電源スイッチをON。やはり、ウンともスンと言わない状況が変わることはありませんでした。どうやら、本格的にPCの故障を疑う事態に迫られてしまったようです。

 

2. 考えられる原因

 結果から言いますと、回復後しばらくの間は電源スイッチ押下で、従来のようにPCが起動するようになっていたのですが、3週間ほどで再発してしまい、マザーボードを買い換えました。マザーボード交換後は、何の問題もなく稼働を続けていますので、マザーボードが原因だったと言えそうです。
 
 PCの電源が入らない原因について調べたところ、以下の4つのケースが考えらるようです。そこで、ひとつひとつ消去法により、問題個所を絞り込んでいくという作業を行うことにしました。
 
(1)PCケースの電源スイッチの故障
(2)PC電源の故障
(3)ストレージなど周辺機器の故障
(4)マザーボード、CPU、メモリの故障

 

 

3. 原因を探る

 問題の部位を特定するために、正常に動作している機器やパーツを確定させていくことで、問題個所を絞り込んでいきます。

(1)PCケースの電源スイッチの確認

 最初に、PCケースの電源スイッチが正常に動作することを確認しました。
 
 まず、PC電源をOFFにした状態(電源スイッチ[〇/-]の[〇]の状態か、電源コードを抜いた状態)で、PCケースの電源スイッチとつながっている「POWER SW」コネクタをマザーボードの「POWER SW」ピン(2本)より外します。
 
 
 
 
 
 次に、PC電源をONにした状態(電源スイッチ[〇/-]の[ー]の状態にし、マザーボードの「POWER SW」ピン(2本)をマイナスドライバで同時に触り、ショートさせます。
 
 
 これにより、PCの電源が入るようでしたら、PCケースの電源スイッチの故障ということになります。しかし、この作業によりPCの電源が入ることはなく、PCケースの電源スイッチの故障という線は消えたということになります。

(2)PC電源の確認

 次に、PC電源が正常に動作しているかを確認します。

 PC電源が単独で正常に動作しているかを確認するには、「ATX電源検証ボード」(アイネックス ATX電源検証ボード KM-02B)というツールを使うと便利です。他にも単独で動作することを確認する方法はあるようですが、てっとりばやくこのツールを使って確認します。
 
 PC電源とは何もつながない状態にして、PC電源とATX電源検証ボードとを接続(24ピン)します。もちろん、PC電源をOFFにした状態で作業します。
 
 
 接続が終わったら、PC電源をONの状態にし、ATX電源検証ボードのスイッチをONの状態[ー]にします。このとき、LEDが光り、PC電源のFANが回転するようであれば、ほぼPC電源に異常なしと判断できます。
 
 
 検証の結果、PC電源に問題はありませんでした。

(3)ストレージなど周辺機器の確認

 PCケース、PC電源に異常が無いとすると、次は、ストレージ等周辺機器の故障を疑います。

 
 ストレージ等周辺機器の異常が原因ではないことを確定させるために、最小構成での動作を試します。最小構成とは、PC電源、マザーボード、CPU、メモリだけの構成で、ストレージ等周辺機器には、いっさい接続していない構成です。
 
 
 
 
 
 PC電源ONの状態で、最小構成でマザーボードの「POWER SW」ピン(2本)をマイナスドライバでショートさせましたが、電源が入ることはありませんでした。これにより、ストレージなど周辺機器の異常という線はほぼ消えたと言っていいのですが、このことが、さらに厄介なことになったことを示しています。
 

(4)マザーボード、CPU、メモリの確認

 残るはマザーボード、CPU、メモリということになり、ここから先の原因調査は非常に厄介です。予備のマザーボードがあれば、CPUやメモリの動作確認はでき、予備のCPU,メモリがあればマザーボードの動作確認ができるのでしょうが、そんなものはありません。さて、どうしましょうか・・・。

 
 
 
 とりあえず、マザーボードだけでも同型の新品に買い替えようかと思いつつあった矢先のことでした。
 

4. 一時的回復と再発

 さて、この先どうしようかと、途方に暮れながら、マザーボードの「POWER SW」ピン(2本)をマイナスドライバでショートさせることを繰り返していたところ、なぜか突然、電源が入るようになりました。何が、どうなっているのか、もうよくわかりません・・・。
 
 それから、電源ON/OFFを何度か繰り返してみましたが、普通に起動できるようになっていました。そこで、ストレージ、ディスプレイを接続し、PCケースの電源スイッチにつながるコネクタをマザーボードに接続し、電源スイッチON。普通に、起動できました。BIOSで確認したところ、CPU、メモリも正しく認識されており、異常は無さそうです。これにより、通電さえすれば、CPUとメモリは正しく動作するってことがわかりました。
 
 

 原因はわからないままでしたが、正常に電源ON/OFFできるようになったことで、ひと安心し、いったん電源をOFFにして、6時間ほど放置しました。そして、PCケースの電源スイッチを再び押します・・・。またもや電源が入らない・・・。やはり、なにかがおかしいようです。

 
 
 ただ、先ほどの一時的な回復から、CPU,メモリには問題は無く、問題があるとすればマザーボードにあることがわかっただけでも収穫だったと思います。再発したことはショックでしたが、再度、各パーツを組みなおし、再びPCケースの電源スイッチを押します。すると、PCの電源が入りました・・・。ほんとに、よくわかりません。その後、何度となく電源ON/OFFを繰り返すも問題はありません。そのまま電源OFFにして、その日は就寝しました。
 
 翌日、再び電源スイッチを押します。普通にPCが起動し、Windowsも起動できました。

5. 再発防止策

 PCの電源が入らなくなった具体的な原因については、つかみ切れていませんが、ほぼマザーボード(ASRock B450 Pro4)に原因があると言えそうです。
 
 そこで、マザーボードに対して、できうる限り再発防止につながるような以下2つの対策を行ったうえで、様子を見ていこうということにしました。もちろん、定期的にPCの掃除を行って、PC内部の空気の循環を乱さないようにすることも再発防止策のひとつになります。
 
(1)CMOSクリア
(2)BIOSアップデート
 

(1)CMOSクリア

 CMOSクリアとは、BIOS設定の初期化のことです。CMOSクリアを行うことにより、BIOSの設定を完全にリセットするため、一部のBIOSに関するトラブルを解消できる可能性があります。
 
 手順としては、以下に示すような感じで行います。他にもマザーボードのジャンパスイッチを使う方法などもあるようですが、この方法のほうが手っ取り早いと思います。
 
①PC電源OFFの状態で、マザーボードに付いているボタン電池(CR2302)を外して、しばらく放置する
②ボタン電池を抜いた状態で、PC電源ONの状態にし、PCケースの電源スイッチを何度か押して放電させる
③PC電源OFFの状態にして、マザーボードにボタン電池を取り付ける
④PC電源ONの状態にして、PCケースの電源スイッチを押して起動する
⑤BIOSの設定画面に入り、BIOSの再設定/保存を行う
 
 

(2)BIOSアップデート

 トラブル発生時、マザーボード(ASRock B450 Pro4)のBIOSのバージョンは、P3.20(2019/5/15)でした。システム運行が良い場合は、BIOSのアップデートを推奨されていないようですが、現状、システム運行が良いとは言えないため、仕方ありません。最新バージョンであるP5.00(2021/5/20)へ、思い切ってアップデートしました。どうやら、これにより、Ryzen5000シリーズにも対応できるようになったようです。
 
 なお、ASRock B450 Pro4のBIOSアップデートファイルは、こちらよりダウンロードできます。
 
 
 バージョンP3.20からP5.00へのBIOSアップデートは無事に成功し、トラブル発生から2週間たった現在では、特に問題もなくPCの電源ON/OFFができるようになっています。これにより、ほんとうに完治したかどうかはわからないのですが、もし今後、再発するようであれば、マザーボードを買い換えようと思っています。
 
 
 
 様子見から3週間後、残念ながら再発してしまいました。これは、もうダメだろうと判断し、マザーボードを買い換えることにしました。交換前のATXマザーボード「B450-Pro4」とほぼ同機能でありながら、同マザーボードよりも価格が安かったこともあって、同じASRockの「B450M-Pro4」というM-ATXマザーボードを選びました。
 マザーボード交換後は、電源が入らなくなるということはなくなり、順調に稼働を続けています。やはり、マザーボードの故障だったと言えると思います。
 

6. まとめ

 PCの電源が入らなくなるというトラブルは、よくあることらしいのですが、いざ直面したした際には、メーカーサポートのあるPC以外は、自身で原因を調査するか、専門業者へお金を払って調べてもらうことになると思います。少しでもコストを抑えることが、PCを自作する主目的だと思いますので、トラブルの際も、ある程度は自身で調査できたほうがいいと思います。
 
 この記事が、同じトラブルに遭遇した方にすこしでも役立ててもらえたら幸いです。

おわり

 

 
  
 
  
 
  
 
  
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました